シェアする

【写真つき】豆乳イソフラボン化粧下地を実際に使ってみるとこうなる!

前回ご紹介した肌に優しい豆乳イソフラボン化粧下地を普段使いしてみました。

使い心地や、使用前後の肌の変化など、くわしくレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ほのかの場合はこう!

使用前(ほのか)

何のメイクもしていない、すっぴんの状態です。

肌は強くないので、肌悩みはつきません。

このときも、ほおの赤みがあったり、中心あたりにデキモノができています。

使用後(ほのか)

豆乳イソフラボン化粧下地のみをぬっています。

豆乳イソフラボン化粧下地自体はぬると透明になるので、シミやそばかす、デキモノの赤みはあまりかわったように見えないかもしれませんが、肌が全体的にトーンアップしたのがわかりますか?

色がついていないぶん何かをぬっている感じはないのに、肌に広がっていた赤さが自然にぼけてくれて、素肌がキレイになったような仕上がりでした。

柔らかく伸びてしっとりなじむので、ぬるときもぬったあとも刺激や負担は感じません。

ファンデーションでもお粉でもヨレずにぴたっとくっついてくれました。

時間がたてば多少のテカりは出てきますが、自然なツヤっぽく見える程度です。

気になるときはティッシュオフしてお粉をはたけば、メイク直しも簡単に終わります。

とにかく軽やかで穏やかな使い心地。

肌の乾燥をまったく感じなかったのでしっかりメイクするときの下地としても、ナチュラルなメイクのときも活躍してくれます。

乾燥しないもの、肌に優しいものを探している方には、ぜひ試してみてほしいです。

なぎさの場合はこう!

使用前(なぎさ)

何のメイクもしていない、すっぴんの状態です。

多少の毛穴やシミはありますが、これといったトラブルのない肌。

使用後(なぎさ)

豆乳イソフラボン化粧下地だけをぬっています。

やわらかで伸びのいい豆乳イソフラボン化粧下地は肌の負担が本当に少なく、肌に何かをぬっているとき特有のパツパツした違和感がないのが嬉しいです。

BBクリームやCCクリームとは違ってカラーレスの下地なので、これ単体でのカバー力はほかにはかないませんが、肌を全体的に明るく、なめらかに整えてくれている感じでした。

このあとに何を使用しても邪魔しませんし、買ってみたけど自分の肌には少し暗かったかな?と思うBBクリームなんかと重ねてもよかったです。

色味がほんわり薄まるのか『もうすこし明るければなー』という不満を改善できて、使いづらかったカラーも使えるようになりました。

色ムラがでないので、急いでいるときにぱぱっとぬってメイクできるのもいいところだと思います。

肌荒れが気になるときや、肌を休ませたいけどメイクはどうしてもしなきゃダメというときに、少しでも負担を減らせそうなので、持っておきたい化粧下地ですね。

最後に

二人ともこれといった不満はなく、むしろ使い心地が気に入って愛用下地になっています。

BBクリームやCCクリームも好きですが、下地って大事なんだなぁと改めて感じました。

年齢も肌のカラーも気にせず使える、いいアイテムだと思います。