シェアする

トニモリの下地クリームを使ったら肌はこうなった!

毛穴カバーの下地クリーム【トニモリ EPシルキースムーズバーム】

ポツポツ目立つ毛穴はどれくらい隠せるのか?使い心地やファンデとの相性は?

実際に使ってみた感想を詳しくレビューしていきましょう!

スポンサーリンク

中身はこんな感じ

タマゴ型のフタを開けると、中にも薄いフタがついています。

薄いフタをとると、バーム状で乳白色の下地がお目見え。

しっかり形を保っていますが、触るとむにっと柔らかいテクスチャーです。

甘いレモンのような柑橘系の香りがします。

ほのかの肌はこうなる!

使用前(ほのか)

スキンケア後のすっぴんです。

赤み・色ムラが多く、刺激に弱い敏感肌。

使用後(ほのか)

トニモリ EPシルキースムーズバームのみをぬっています。

ハードなヘアワックスのような見た目で、触れてみると柔らかくむにむにとした感触。

指先にとってもぽろぽろとしたかたまりのままですが、肌に伸ばせばスーッとなじみます。

溶けていくように肌にのったあとは、スルンとした手触りになって気持ちがいいほど。

同時にふわっと香りが広がりますが、匂いに関してはイヤな人もいるかもしれません。

ぬって少しすると、ぬりたてよりもさらにサラッサラの触り心地に変化します。

サラサラすべすべでも、不思議なことに肌の乾燥は感じませんでした。

そして気になる鼻やほおの毛穴は、ベールがかかったように隠れてくれます。

おお!と感動しつつパウダーファンデを重ねてみましたが、これまたサラッと肌をすべって、ムラもなくふんわりのってくれました。

陶器肌やマット肌に仕上げるには、かなり向いている下地だと思います。

部分使いや、ナチュラルに見せつつテカリをおさえたいときにも◎

私が試した範囲内ですが、リキッドファンデとの相性はイマイチだったのが残念。

それから、たっぷりぬろうとしたり、伸ばすときに力を込めてしまうとなじみが悪いので注意が必要です。

少量を薄く優しく伸ばしていけば、キレイになじんで毛穴もカバーできますよ!

なぎさの肌はこうなる!

使用前(なぎさ)

スキンケア後のすっぴんです。

毛穴と多少のシミが気になる普通肌。

使用後(なぎさ)

トニモリ EPシルキースムーズバームのみをぬっています。

よくある下地とは全然違った感触で、油っぽくも水っぽくもない、初めてのテクスチャー。

肌にのせると指すべりがよくなり、サラサラマットな肌に仕上げてくれますね。

ムラになるかな?と思いましたが伸びがよかったので自然な感じでなじんで、毛穴を含め肌の表面がフラットに整います。

顔全体を柔らかくぼかしたみたいに見え、ツヤや肌の生感よりも人形のような陶器感が出ます。

これだけでも十分マットにはなるので、パウダーファンデを重ねるときはパフよりもブラシでサッと仕上げた方が自然でした。

リキッドファンデはべたつきが残りやすいものも多いですが、この下地とあわせると驚くほどのサラサラぐあい!

仕上げのフェイスパウダーが必要ないくらいサラッとしますよ!

ただちょっとムラになりやすかったので、下地の量を調節したり、気になるところにだけ部分使いをするといいと思います。

下地自体に色はほぼないので、シミやそばかすはコンシーラーなどでカバーしてくださいね。

最後に

毛穴を隠しマット肌に仕上げてくれる【トニモリ EPシルキースムーズバーム】

使いこなすには少しコツがいりますが、効果は確かなものでした。

鼻・ほおの毛穴や、Tゾーンのテカリをどうにかしたい!という方は1度お試ししてみては?