シェアする

初心者向け新社会人メイクに、ちょい足しで雰囲気変え【前編】

スポンサーリンク

しとやかアイメイク

顔の印象を左右する眉から

  • 自分の髪色に合ったアイブロウペンシル、パウダー、眉マスカラなどを使って眉を整えていきます。
  • 眉頭は薄く、眉尻はシャープに、ある程度の濃さをもたせ太めに描くと引き締まった印象に。
  • 写真では無印の木軸ペンシル(アイブロウ)ブラウンを使用しています。

アフター5メイクにも使えるシャドウパレット

  • ほんのり控えめなパール感のある、リンメル ショコラスウィートアイズ ソフトマットの003を使用しています。
  • まずはベースに1番明るいカラーをアイホール全体にぬっていきます。

  • 次に、二重幅から少しはみ出すようにして中間色を重ねます。

  • 目をあけるとこんな感じになっています。
  • 目をあけたときに、ぬった色が見えるくらいまでぬってくださいね。

  • 青い丸で囲んでいるカラーを締め色に使います。
  • 目のキワにそうようにして、アイラインを描くように細くのせていきます。
  • さかいめを軽くぼかすと、より自然に仕上がります。

  • 目をあけるとこんな感じになっています。
  • 下まぶたの目尻から3分の1程度のところへ軽く締め色をのせてもいいと思います。

ペンシルでラインを描いても

  • もう少し目元をはっきりさせたい場合は、ぼかすこともできるペンシルアイライナーでアイラインを引きます。
  • 締め色で描いたラインよりもさらに細く、目のキワにアイラインを入れます。
  • 写真ではコージー ラスティングアイライナーのダークブラウンを使用しています。

さりげなくマスカラをオン

  • 最後にマスカラをぬってアイメイクは完成です。
  • ビューラーを使うときは、まつ毛をあげすぎないように気を付けてくださいね。
  • 写真ではメイベリン ラッシュニスタNを使用しています。

次のページで完成です!
スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする