シェアする

【写真つき】無印のコントロールカラーブルーを使ってみた!

無印良品のUVベースコントロールカラー ブルーを実際に使ってみたので、仕上がりや使用感などをレビューしていきたいと思います。

すっぴん写真と見比べて、その違いを確認してみてくださいね!

スポンサーリンク

ほのかの肌はこうなる!

使用前(ほのか)

スキンケア後のすっぴん肌です。
どちらかというと色白。肌が弱く、色ムラも目立つ乾燥・敏感肌。

使用後(ほのか)

UVベースコントロールカラー ブルーのみをぬっています。

少しくすんだパステルブルーの液状下地で、とっても伸びがいいです。

するっと肌の上に広がっていきながら、黄みっぽさを消していってくれますが、少量で十分なうえ、補正力の高い色なので使用量には注意!

ちょっとずつ様子を見ながらぬっていくことをオススメします。

自分に合った量を見つけられたら、くすみがちな黄み肌が澄んだ色白肌に仕上げられますよ!

赤みもカバーしてくれるブルーなので、いい感じにぼかしてくれた気がします。

これだけ顔色を補正してくれるのに意外とナチュラルで、境目がわからないのも嬉しいところ。

というのも、色やアイテムによっては、なじまなくて浮いたり、境目をぼかすのに苦労するものもあります。

が、このブルーは自然に溶け込んでくれたので、顔全体はもちろん、ハイライトなんかで部分使いもしやすそうです。

これからの季節、うっかり日焼けしたときにも役立ってくれるカラーだと思います。

なぎさの肌はこうなる!

使用前(なぎさ)

スキンケア後のすっぴん肌です。
少し日焼けしやすい程度で、今は大きな肌悩みのない健康肌。

使用後(なぎさ)

UVベースコントロールカラー ブルーのみをぬっています。

テクスチャーは日焼け止めのようなタイプで、カラーはグレーがかったブルーです。

肌にのせるとかなり伸びがよく、少量でも青みのある透明感のある肌にしてくれます。

最初はちょっと高めの価格かな?と思いましたが、本当に少量で済むのでコスパもいいです。

匂いもほどんどなく、匂いに敏感な方でも気にせず使えそうでした。

特に気になるところ、欠点と思うところはありません!

長時間使用しても崩れたり、つっぱったり、ムラになったりもせず、透明感が続きます。

この上からBBクリームを重ねてもいいですし、クッションやパウダーのファンデで仕上げてもいいと思います。

私もいろいろ試しましたが、どのファンデでも最初から透明感のある肌なんじゃない?と勘違いしてしまいそうなほど美しい出来!

普段使いもアリですが、ここぞというデートのときにいつもより儚げな自分を演出してみるのはどうでしょうか?

きっといつもより可愛く、キレイになれますよ!

最後に

ブルーのカラー効果で期待以上の補正力を見せてくれたUVベースコントロールカラー。

青みのあるピンクのリップやチークが好きな方にも、ブルーのコントロールカラーはオススメです。

黄み、茶クマ、くすみ、赤みをカバーして、透明肌を目指すなら、ぜひ試してみてくださいね!