シェアする

メイクに必須!『化粧下地』が大切なワケ

ベースメイクの最初の一歩。

メイクには欠かせない化粧下地ですが、その役割をはっきりと理解している方は少ないのではないでしょうか?

今ではBBクリームやCCクリームも下地として人気となっていますが、それらと化粧下地との違いはどういったところにあるのかもご紹介します。

スポンサーリンク

BBクリームやCCクリームとは?

化粧下地のようなアイテムでBBクリームやCCクリームといったものがありますが、本来は下地単体としてではなく、下地の機能も兼ね備えているオールインワン化粧品です。

簡単にご説明すると、

BBクリームは日焼け止め、下地、ファンデーション、コンシーラーなどの役割がひとつになったもの
CCクリームは下地の一種であるコントロールカラーに、ファンデーションなどの役割を加えたもの

なので、これ一本でベースメイクを仕上げることができ、シミやそばかすを隠してくれたり、赤みやクマをカバーしてくれたりといったことがメインの役割であり、化粧下地とは似ているようで違った働きをしています。

いろいろできる万能型

商品によって、また人によってはBBクリームやCCクリームを多機能な下地としてとらえ、その上からファンデーションやパウダーを重ねる方も少なくありません。

私自身その日のメイクや、気分によって使い分けたり組み合わせたりしています。

じゃあ”化粧下地”って?

  • 基本的にファンデーションとセットで使うことを前提に作られている
  • ファンデーションの添加物が毛穴にたまるのを防ぐ
  • メイクを落としやすくして、肌を傷めない
  • 毛穴やキメをなめらかに整えて、ファンデーションの肌へのフィット力を高める
  • 紫外線、外気、空気中の汚れ、乾燥、などの刺激から肌を守る
  • 余分な皮脂をおさえて、化粧崩れを防ぐ
  • 肌色をキレイに補正してくれる

こういった特徴をもち、ひとつで何役もこなすBBクリームやCCクリームと違って、主に肌の保護を目的としているのが化粧下地です。

ファンデーションと一緒に使用することが前提で、メイクをどれだけキレイに仕上げて長持ちさせ、かつ、いかにメイクや外的刺激などから肌を守るかを考え作られています。

素肌へのやさしさ

例えば、スキンケアの直後にファンデーションだけをぬると、メイクが毛穴や肌のキメの奥へ入り込んで落としにくくなったり、それが原因で肌荒れを起こしてしまうことがあります。

そこで、化粧下地をファンデーションよりも先にぬっておけば、ベールをまとうように素肌を優しく保護してくれて、毛穴やキメにメイクがたまるのを防ぎ、メイクを落としやすくして、肌の負担を軽減してくれるのです。

キレイなメイクのために

また、デコボコした壁にテープがくっつきにくいように、素肌に直接ファンデーションだけをぬっても、はがれやすくキレイに密着してくれません。

化粧下地は、目に見えないような肌の凹凸や気になる毛穴をフラットに整え、化粧崩れの原因となる余計な皮脂をおさえて、ファンデーションが肌にぴったりとくっつくようにする働きがあるため、つけたてのキレイさを長持ちさせてくれます。

絶対に必要?

上でご説明したとおりBBクリームやCCクリームを使用した場合は下地としても機能するため、下地単体を使う必要はありません。

ですが、肌への負担が気になる方や、肌色を少し明るく見せたい方など、なりたい肌に合わせて組み合わせてみるのもいいと思います。

肌のためにも

BBクリームやCCクリームを使用しない場合は、次に使うファンデーションのノリや持ち、伸び、肌への負担軽減なども考えて、しっかり使用することをおすすめします。

また、下地にはアイラインやチークなどのポイントメイクをよれにくく密着させてくれる効果もあるので、メイク全体の仕上がりもキレイなまま持続します。

最後に

肌にもメイクの完成度にもいい影響を与えてくれて、肌をいたわりキレイに見せてくれる化粧下地、試してみて損はないと思いませんか?

今は日焼け止め効果がプラスされたものや保湿してくれるものなど、様々な商品が発売されていますので、自分の肌に合うお気に入りをぜひ探してみてください。

スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする