シェアする

マジョマジョの生感ファンデ!ミルキースキンリメイカーの使い心地は?

新感覚のとろける生感ファンデーション【ミルキースキンリメイカー】

柔らかく伸びのいいリキッドから、サラッとしたパウダーへ変わるファンデーションでメイクすると肌はどんな風になるのでしょう?

仕上がりやもちなど、実際に使って気になる部分をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

中身はこんな感じ

手のひらサイズのコンパクトの内側には鏡がついています。

中にはスポンジがセットされていて、スポンジの下にもフタがあります。

そのフタを開けると、クリーミーな練り状ファンデが出てきます。

カラーは2色あり、今回使ったのはLB 明るい素肌色です。

ほのかの肌はこうなる

使用前(ほのか)

スキンケア後のすっぴんです。

赤みや色ムラのある、乾燥・敏感肌。

使用後(ほのか)

ミルキースキンリメイカーのみをぬっています。

下地効果もあるとのことなので、肌に直接ぬってみました。

スポンジにしみこんだリキッドのようなテクスチャーがゆるーく伸びていってくれます。

軽くて薄づきで思っていたよりもナチュラルですが、それでいて肌は明るく全体的にふわっと整ったような仕上がりに。

しっとりした感覚と自然なツヤは残しつつ、いつの間にかサラサラの手触りに変化していて、肌へのベタつきも少なめです。

カバー力は高くなく、すっぴんかな?と思えるくらいの素肌感と、パウダーをはたいたときのような肌のやわっぽさがメインの印象でした。

ただ気になるところに重ねづけすれば、重くならずにある程度カバーしてくれます。

時間がたつごとにテカリは出てきたので、多少のメイク直しは必要ですね。

乾燥は長時間でも気にならず、乾燥しやすい私はありがたかったです。

ふんわりした肌感や、色白肌、ナチュラルっぽさが好みの方や、パウダーとリキッドの中間をお探しなら試してみる価値ありだと思います。

なぎさの肌はこうなる

使用前(なぎさ)

スキンケア後のすっぴんです。

基本的には普通肌で、体調や季節で乾燥にかたむく肌。

使用後(なぎさ)

ミルキースキンリメイカーのみをぬっています。

匂いは無臭で気にならず、生チョコのような柔らかくとろけるテクスチャーです。

こういったファンデーションは初めてだったので、ちょっと不思議で面白いですね。

肌にぬるとうるおいはしっかりあるのに、みるみるサラサラの手触りに変わっていきます。

使ってみて思ったのは薄くぬるより、たっぷりぬった方がキレイに仕上がるということ。

もともと薄づきでかなり素肌っぽく、あまりぬっている感じがしないので、普段使う量よりもさらに多めな方が肌が整って見えます。

それでも厚塗り感や肌への負担感はあまりなく、つけ心地も見た目の印象もナチュラル。

ナチュラルな色味は肌になじんでくれて、毛穴を目立ちにくくしてくれます。

これが下地も使わず1つでできてしまうので、かなり楽ちんで便利!

もっとカバー力がほしいなと思ったときはコントロールカラーやコンシーラーなどを部分的に足して補うのもいいでしょう。

日焼け止めに下地、ファンデ、おしろいなど多機能なので、出先でも活躍してくれそうです。

最後に

新感覚のファンデーションはリキッドでもパウダーでもなく、両方のいいところをあわせもつ生感が新鮮なアイテムでした。

パウダーでは乾燥したり粉感が出てしまう、リキッドは重いし難しい、そんな風に思っている方にはちょうどいいファンデーションかもしれません。

お店などで見かけたら、ぜひそのテクスチャーを体験してみてくださいね。