シェアする

【写真つき】毛穴パテ職人の実力を試してみました!

サナの毛穴パテ職人BBクリームポアタイトリフトを実際に使ってみました。

本当に毛穴は隠れてくれたのか、すっぴん写真と見比べてみてください!

スポンサーリンク

ほのかの肌はこうなる!

使用前(ほのか)

何もぬっていない、すっぴんです。

色は白めの乾燥肌で、赤みやシミなどの色ムラが目立つ肌。

使用後(ほのか)

毛穴パテ職人 BBクリーム ポアタイトリフトのみをぬっています。

硬そうに見えましたが、伸びもよくスルスル広がるような柔らかさで、少量でも十分顔全体に伸ばせます。

パッケージには自然な肌色タイプとありますが、どちらかというと黄みよりのカラーっぽく、私の肌にはパッと見だと少し濃く感じてしまいます。

でも使用量を間違えずきちんとなじませれば、肌色が悪くなったり暗くなったりといったことはありませんでした。

もうちょっと明るいほうがいいかな?とは思ったので、色白の方は明るめの下地やCCクリームとの組み合わせがいいかもしれません。

この色のおかげか、ほかのアイテムを使わなくてもカバー力は抜群でした。

色ムラはおさえられるし、毛穴もほとんどわからなくなります。

ちょっと重めかな?という使い心地ですが、仕上がりがキレイで私は好きです。

すこーしつっぱり感があったので、乾燥対策としてスキンケアはしっかりしてから使いたいですね。

それ以外は崩れも気にならず、毛穴のない肌が1日続きました!

なぎさの肌はこうなる!

使用前(なぎさ)

何もぬっていない、すっぴんです。
肌トラブルはほとんどなく、多少の赤み・毛穴がある肌。

使用後(なぎさ)

毛穴パテ職人 BBクリーム ポアタイトリフトのみをぬっています。

BBクリームらしく色味はちょっと濃いめに感じました。

カバー力があるからこその濃さなのかな?といった感じですが、肌にのせるとなじみます。

テクスチャーは硬くも柔らかくもないですが、少なめに出しても十分伸びてくれるのでコスパがいいですね。

私は普段下地やBBクリームなどをぬるときは、大体手のひらに出してからササっと顔に広げてぬっていくんですが、今回はそれが失敗のもとでした。

毛穴パテ職人の場合、叩きこむようにじっくりなじませないと、汗で崩れたり皮脂と一緒にプツプツと浮いてきたりします。

学生のころ愛用していたときは気にもならなかったのですが、ぬり方の違いが大きく出ますね。

時間をかけてしっかり密着させてあげれば、シミ・毛穴をばっちり隠して、時間がたってもキレイなまま保てました!

メイク直しも、ティッシュオフのあとにパウダーをはたくだけで、なめらかで崩れしらずの仕上がりが続きます。

これ1つでかなりのカバー力も期待できるので、あれこれ使いたくない方は毛穴パテ職人だけでメイクするのもアリだと思います!

最後に

毛穴への効果、カバー力は抜群だった毛穴パテ職人ポアタイトリフト。

ぬり方にはちょっとコツがいりますが、そこさえ気をつければ毛穴の悩みは解消されそうです。

上手に使って凸凹のない肌を演出しちゃいましょう。