シェアする

【毛穴撫子・お米のクリーム】化粧水と合わせて使ってみたよ!

乾燥からくる毛穴ケアにオススメの毛穴撫子お米のスキンケアシリーズ。

前回は化粧水を使ってみましたが、今度はお米のクリームを試してみました!

化粧水で得た水分をしっかり閉じ込め、もっちり肌に仕上げてくれる有能クリームです。

スポンサーリンク

お米のパワーでもっちもち!

クリームにもライスセラム

クリームにもお米の化粧水同様、美容成分のライスセラムが配合されています。

それにより、肌へうるおい・ハリ・弾力が与えられ、肌の調子やキメが整えられて透明感のある素肌へと導かれるんです。

化粧水でたっぷり補給した肌の水分を、伸びのいいクリームでしっかり閉じ込め、もっちもちの弾力ある肌へ仕上げます。

レビュー

使用感(ほのか)

透明感のある白色のクリームは、ジェルっぽさもある柔らかいテクスチャーです。

とろんとしていて重すぎず、少量でよく伸びるぬり心地のよさ。

刺激も匂いもなく、するする肌の上をすべってなじんでいくので、気持ちよく使えます。

カサカサ肌をしっとりさせてくれたお米の化粧水のあと、このクリームを重ねるとさらに保湿されて肌が柔らかくもちっとしました。

翌日のほっぺの柔らかさ、もちもち感に嬉しくなるほどの保湿力。

化粧水ではちょっとぴりっとした刺激を感じましたが、お米のクリームでは痛みやかゆみ、赤みなどもなく使えます。

粉をふくくらいの乾燥が落ち着いたので、乾燥肌の方にはいいかもしれません!

使用感(なぎさ)

小さくてコロンとした容器がとっても可愛らしいです。

無臭で乳白色のクリームは硬すぎず柔すぎず、少なめでも十分なくらいすごく伸びがいいです。

ぬってすぐはしっとりもっちりですが、油っぽかったりベタベタすることはありません。

じっくり浸透していき、時間がたってもふっくらした肌でいられます。

とくに気に入っているのは優しい使い心地。刺激がなく穏やかに使えます。

ただ、やや少なめのサイズ感かな?と思うので、使うときはちょっと遠慮しちゃいます。

保湿が足りないと感じることがないよう、肌のためにもしっかり必要量使ってケアしたいですね!

使った方のレビュー・口コミ

  • べたつかなくて使いやすいところが好き。
  • 化粧水と一緒に使ってます。肌がすべすべモチモチになって人に褒められる!
  • うるおうのにべたっとしないのは嬉しい。手に吸いつくような肌になれる。
  • 最初は間に合わせでクリームを購入。使い心地を気に入って化粧水も買いました。ライン使いだと乾燥肌に効果的です。冬でも全然顔がつっぱらない。
  • 水分不足からくる皮脂過多でニキビが悩みでしたが、お米シリーズでスキンケアするようになってから徐々に肌荒れが減少。毛穴もおさまってきたかな。
  • このクリームはオススメ!するする伸びてなじむし、もちぷり肌になれる!学生には安くないけど、これなら買う価値あると思います!

最後に

化粧水もそうでしたが、お米クリームも優しい使い心地で、ファンの多いアイテムです。

ほのかはクリームのみ、なぎさは化粧水とクリームを使用していますが、どちらも満足できる効果を感じられました。

お米スキンケアシリーズにはシートマスクも発売されているので、気になった方はそちらから試してみるのもオススメです。

製品概要

  • 商品名  毛穴撫子 お米のクリーム
  • 内容量  30g
  • 価格   1,500円(税抜)
  • 原産国  日本
  • 発売元  石澤研究所
水、グリセリン、コメヌカ油(ライスセラム:米ぬか油)、スクワラン、DPG、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン)コポリマー、コメ発酵液(ライスセラム:米発酵液)、スフィンゴ糖脂質(ライスセラム:米セラミド)、コメヌカエキス(ライスセラム:米ぬかエキス)、コメヌカ発酵液、ヒアルロン酸Na、ミツロウ、サッカロミセスセレビシアエエキス、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、オレイン酸フィトステリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、レシチン、ポリソルベート80、イソヘキサデカン、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、PEG-8、BG、ジメチコン、メチルパラベン、プロピルパラベン

関連商品