シェアする

【写真つき】ケイトのCCベースを実際に使ってみた!

ケイトのシークレットスキンCCベースゼロのピンクベージュを実際に使ってみました。

カラー効果やカバー力など、写真で確かめてみてください!

スポンサーリンク

ほのかの場合はこうなる!

使用前(ほのか)

何もぬっていない状態のすっぴんです。

毛穴やシミが目立つ、色ムラの強い肌。

使用後(ほのか)

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ ピンクベージュのみをぬりました。

どちらかというと色白なので、白さを求めてというより女の子らしい感じが好きで、ピンクベージュ系の下地はよく使います。

このシークレットスキンCCベースは、ほおを中心にまんべんなくクルクルなじませていくと、毛穴を隠しながら肌色を明るくしてくれます。

少しくらいのシミや赤みだったら一緒に補正してくれるので、肌色が均一に整った印象になりました。

ただ白いだけでなく、ほんのりとしたピンクが残って血色のよさも感じさせてくれます。

お風呂上がりの透明感をもった白さで、ほわっとあったまったようなピンクっぽさが可愛いです。

きちんとコンプレックスをカバーしながらのナチュラルさが演出されているので、厚塗り感はありません。

ちょっと硬めのテクスチャーかと思いましたが、肌に嫌な摩擦はなく、なじみもよくてムラになったりもしませんでした。

私はぬったときにほんの少し乾燥したので、これを使う前には保湿に気を付けたいですね。

ファンデーションはしっかり密着して粉っぽさもなく、発色もキレイ。

いつもより仕上がりがよくて人にも褒められるほどでした。

鼻のあたりにテカリが出るくらいで崩れもしなかったので、使い心地はよかったです。

なぎさの場合はこうなる!

使用前(なぎさ)

何もぬっていない状態のすっぴんです。

やや赤みや毛穴は目立ちますが健康的な肌。

使用後(なぎさ)

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ ピンクベージュのみをぬりました。

手に出してみるとコーラルっぽさのあるピンクベージュで、やや硬めなテクスチャーです。

ほおにぬり広げていくときには、その硬さも気にならないほどよく伸びてくれます。

ピンクが血色よく見せてくれるおかげで、肌が若返ってイキイキした雰囲気に仕上がりますね。

目元のクマ・ぽつぽつあるシミも、うすく目立たなくなってくれました。

想像していたCCクリームとは違って、しっかりしたカバー力が発揮されていて、下地だけでここまで隠せるのは嬉しいです!

体調が悪い、顔色がよくないといったときに使えば、肌色を明るく見せてくれるのもありがたかったです。

グリーンやブルーのコントロールカラーと比べて肌の女の子らしさも格段にあがりました。

優しい、柔らかい雰囲気を出したいときや、デートのときなんかにも向いていそうです。

ささっとパウダーをはたくだけでも十分ベースメイクとしてなりたちますが、私は下地として使ってメイクの完成度を高めてます。

本当に薄づきで軽いものが好きな方だとちょっと重めに感じるかもしれませんが、それでもこの補整力はなかなかだと思いますよ!

最後に

CCクリームとは思えないほど、肌悩みをカバーしてくれたケイトのCCベース。

くすみがちな肌も明るくキレイに整えてくれるアイテムです。

薄づきの下地じゃ物足りないという方は、ぜひ試してみてくださいね。