シェアする

【写真つき】インテグレートグレイシィのCC グリーンをぬってみた!

インテグレートグレイシィのコントロールベース グリーンを肌全体にぬってみました。

実際に使かってみるとどんな変化・効果があるのか、写真で見比べてみてください。

スポンサーリンク

ほのかの肌はこうなる!

使用前(ほのか)

何もしていない状態のすっぴん肌です。

シミや毛穴もですが、何より赤みの目立つ肌。

使用後(ほのか)

インテグレートグレイシィ コントロールベース グリーンのみをぬっています。

伸びはいいですが、すぐに密着するのでちょっとムラになりやすかったです。

私みたいに乾燥気味な肌だとパサつきがちな見た目になることもあると思うので、使う前に十分保湿しておくほうが仕上がりがキレイかも。

どうしてもムラができてしまう場合は、オイルや乳液なんかとまぜて使うといいみたいです。

ほんのちょっとくもったような白っぽいグリーンが肌になじむと、しっかり赤みを消して肌色を均一に白くしてくれます。

透明感はあまり感じませんでしたが、色白に見せたいなら効果は抜群です!

どちらかというとマットに仕上がり、ファンデーションのノリ・発色・もちもばっちりでした。

肌が白く整っていたおかげで、チークも普段よりキレイに色味が出ました。

注意したいのは量の調節ですね。

当たり前ですが、ぬりすぎるととんでもなく白くなってしまうので、少量から様子を見てください。

そこを逆手にとって、血色の悪さを演出したいときにもいい下地です。

いつものメイクに取り入れるなら、やっぱり赤みが気になるところ、鼻筋や目の下のハイライトとしてが一番かなと思います。

なぎさの肌はこうなる!

使用前(なぎさ)

何もしていない状態のすっぴん肌です。

赤みや毛穴が目立ちますが健康的な普通肌。

使用後(なぎさ)

インテグレートグレイシィ コントロールベース グリーンのみをぬっています。

ほかのCCでグリーンカラーは何度か使ったことがあったのですが、インテグレートグレイシィのグリーンは初挑戦です。

色補整の効果がとっても高く、赤みはばっちりカバーできました!

ただ、ムラになりやすいところと、私の肌の色にちょっと合わなかったところがあって、普段使うときはハイライトがわりにしています。

逆に、自分の肌とは思えないほどガラッと雰囲気を変えてくれるので、あえて白くしたいときにも向いています。

ハロウィンでのコスプレメイクのときは下地として使用しましたが、顔の赤みがおさえられて際立った白さになれました。

重ねたリキッドファンデも明るい色でしたが、とにかくキレイでお人形みたいに仕上がります。

化粧崩れもないし、色白さを演出したいならこの1本は持っていていいかもしれません。

上手く使えば赤みのない人間離れした美しい陶器肌になれるので、写真映えしますよ!

あとは思っていたより暗い色だったBBクリームやファンデーションと合わせるのも、色味を調整できておすすめです。

ひとつあるだけで応用が利くのはありがたいところですね。

最後に

抜群の赤みカバー力を発揮してくれたインテグレートグレイシィでした。

いろんな場面、いろんな使い方で活躍してくれそうなアイテムです。

効果が高いだけに、ぬりすぎには気をつけてくださいね。