シェアする

いつものメイクにちょい足しハロウィン!

スポンサーリンク

『毎日』にひと工夫するだけ!

ぱっと手軽に簡単に、ハロウィン気分をあじわえたら楽しいですよね。

本格的じゃなくても、少ない時間でも、いつものメイクに『ちょっと手をくわえるだけ』で、雰囲気をかえられる方法を試してみました。

グッズを使う

セリアやダイソーなどの100円ショップ、ドン・キホーテ、雑貨屋さんなどで取り扱っている、顔に直接貼るシールやタトゥーシール。

ハロウィン仕様でコウモリの羽や血のりを模したもの、おばけ、カボチャ、傷などいろんなモチーフのシールが売られています。

ひとつペタッと貼るだけで、それらしい感じを出せますよ。

直接貼るタイプは商品によってはがれやすいものもあるので、つけまつげ用のノリや二重ノリでくっつけてあげると、貼り直しを気にせずにすみました。

アイライナーで書き足し

次はお手持ちのリキッドアイライナーで、顔に好きなモチーフを書いてしまう方法です。

線の細さ、書きやすさ、もち、発色のよさからリキッドがぴったりでしたが、ほかのアイライナーでも構いません。

今回は定番で簡単なクモの巣を目元にあしらってみましたが、細かい作業が得意な方は黒猫やコウモリ、文字なんかを書き込んでみるのもいいと思います。

最初に記号のアスタリスク(*このマークです)を書いてから、タテヨコそれぞれの線を結ぶとクモの巣の出来上がり。結ぶ線をたゆませて書くことがポイントです。
赤リップを持っている方は合わせて使うと、より雰囲気が出ますよ。

ペイントペンでお絵かき

こちらもイベントグッズを扱う雑貨屋さんや、ドン・キホーテ、ネットショップなどで売っている、フェイスペイント用のペン。

色も豊富で、クレヨンや筆ペンなどペンのタイプもたくさんの種類が揃っています。

好きな色で好きなものを、好きなところに書いてしまいましょう。

私はフェルトタイプのペンを選んでさっとお絵かきしてみましたが、水性サインペンのポスカに似た発色と書き心地で、安定の書きやすさでした。

赤や黒でダークにも、カラフルでポップにも、好みに合わせたフェイスペイントができるので、数色持っていてもいいかもしれません。

最後に

いつものメイクと、ちょっとした工夫で、こんな風にハロウィン気分があじわえます。

シールを貼るだけ、好きなモチーフを書くだけなので、男性やお子さんも一緒にチャレンジしやすいですよね。

仕事帰り、学校帰り、自撮りやプリクラを撮るとき、ホームパーティ、イベントなど、本格的にメイクを仕込む時間がなくても、これなら手軽に楽しめるのではないでしょうか。

メイクのほかに、魔女の帽子や悪魔のツノ、猫耳など、ヘアアクセサリーも気分を盛り上げてくれる可愛いアイテムです。

そんなヘアアクセサリーも100円ショップや雑貨屋さんで揃うので、もうひと押ししたいときに取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする