シェアする

ポイントをおさえて簡単!眉毛の整え方

気になる眉の形、整えたいけどやり方がわからない…。

失敗せず、きちんと左右が揃ったキレイな眉にしたい。

それなら今からご紹介する方法がオススメです!初歩的ですが確実ですよ!

スポンサーリンク

初心者にもやさしい眉のお手入れ方法

顔のパーツの中でも、眉毛は意外と重要なもの。

それだけに形がかわると印象もずいぶん違ってきます。

ボサボサのまま放っておくのも気になるし、キレイな形に整えよう!と思っても、実際に眉をいじると、これがなかなか難しいんですよね。

なので今回は、誰でも簡単に眉を整えられる、ざっくりとした方法をご紹介したいと思います。

まずは眉の毛を、眉頭から眉尻へ流していきます

流れからはみ出すような長い毛は、流れにおさまるようにカットしてしまいましょう。
気にならなければそのままで構いません。
眉用のブラシがあると流れを整えやすくなります。

顔にポイントを書いて位置を決めます(写真の黒丸の部分)

まっすぐ鏡を見て、小鼻のはしから目尻に向かって、棒や定規をあてます。
小鼻、中間、目尻へ、実際にペンで目印をつけておきます。
その延長線上にくるところが眉尻になるので、そこにも目印をつけます。

眉山の位置を決めます(写真の青丸の部分)

正面から鏡を見たまま、小鼻のはしから黒目の外側にそって棒や定規をあてます。
小鼻、中間、黒目外側の上に位置するまぶたへ目印をつけます。
その延長線上にくるところが眉山の位置になるので、目印をつけます。

ポイントを参考に、なりたい眉を書き込みます

眉山、眉尻を意識しながら、自分好みの眉を実際に書いてみます。
ここで左右の眉の形、太さも合わせておきましょう。

自眉の形が大きくかわらないように、余分な部分を整える程度のところから始めると失敗しにくく、ナチュラルに仕上がります。

(この写真では目線が正面からずれているので、見ている方への目印に引いた黒いラインから黒目がはみ出していますが、きちんと正面を向くとラインの内側におさまります)

これで完成です

好きな形が決まったら、そこからはみ出した部分を眉用の小さなハサミで切ったり、カミソリで剃ります。
一番大切なところでもあり、ケガをしてしまいやすいところでもあるので、ゆっくりと慎重に、丁寧におこなってください。

最後に

いかがでしたか。

本当にざっくりとしていて簡単な方法ではありますが、目安があるのとないのとでは難易度がかわってきます。

切ったり剃ったりする前に形を決めておくことで失敗を防ぎ、好みの形に整えやすくなるので初心者の方にも挑戦しやすいのではないでしょうか。

眉毛のお手入れ、整え方に困っている方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする