シェアする

【写真つき】セザンヌ皮脂・テカリ防止下地を実際に使うとこうなる!

前回ご紹介したセザンヌの皮脂・テカリ防止下地を使ってみました。

使い心地や効果など、くわしくレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ほのかの場合はこう!

使用前(ほのか)

何もぬっていないすっぴんの状態です。

肌の赤みや毛穴が目立つ、トラブルのつきない肌質。

使用後(ほのか)

セザンヌ皮脂・テカリ防止下地のみをぬっている状態です。

さらさらのテクスチャーなのでぬりやすくて、ムラにならずになじみました。

中身はピンクベージュですが優しい色合いなので、ほんのり明るくなる程度で肌色にはあまり影響しません。

毛穴や赤みは隠れるほどではないものの、ぼかして目立たなくしてくれています。

肌になじんだあとは、テカリがおさえられてサラッとします。劇的に皮脂が消える!とはいきませんが触り心地が全然違いました。

べたつきが残った肌にメイクすると、それだけで汚くなったりムラになったりしますが、サラサラになったおかげで、パウダーファンデーションがヨレずにのってくれます。

8時間くらいはメイクしたまま過ごしましたが、本当に皮脂の量が違います。汗をかいて多少のテカリが出てもティッシュオフしてしまえば元通りでした。

ポイントメイクもにじまず、汚く崩れることはありません。効果としてはばっちりです。

ただどうしても乾燥している感じは否めないので、乾燥肌の方は使う前にしっかりと保湿することをおすすめします。

ちなみに

私の場合は、セザンヌの『UVウルトラフィットベースN・ライトブルー』も一緒に使うようにしました。

皮脂・テカリ防止下地とも相性のいい高保湿タイプの下地なので、テカリ防止の邪魔はせず、肌がうるおって乾燥がずいぶん軽減されます。

ライトブルーカラーの効果で肌に透明感が出るのもプラスの嬉しさでした。

オフするときはオイルクレンジングでしっかり落としてくださいね。

なぎさの場合はこう!

使用前(なぎさ)

何もぬっていないすっぴんの状態です。

特に目立った肌荒れもなく健康的な肌。

使用後(なぎさ)

セザンヌ皮脂・テカリ防止下地のみをぬっている状態です。

水っぽいテクスチャーで伸びがいいので、手のひらにとってサッと顔全体に広げています。

カラーがピンクベージュでなじみますし、肌も明るくなりツヤが出ています。

汗をかきやすいので、いつもほおやあご・鼻の頭のテカリが気になるのですが、これを使った日は朝から夕方までほとんどテカらずにすみました。

仕事でばたばた動き回って汗をかいても、うっすら皮脂が浮いてくるくらいで、ティッシュで軽くポンポンとおさえてあげれば、マット肌が復活。

忙しくてメイク直しができないときにこれはありがたいです。

時間に余裕があるときはTゾーンにうすくパウダーをはたくだけでメイク直しができますし、よりテカらず効果も持続します。

ただ、目の周りと鼻筋が元々乾燥しやすいのか、ちょっとカサカサしました。

なので、メイクオフするときはできるだけこすらず落とすこと、使用する前も使用したあともスキンケアは乾燥しやすい部分にプラスして、しっかり保湿するようにしています。

乾燥対策さえすれば文句なし!この価格でこの皮脂・テカリ防止機能は素晴らしいです。

最後に

多少の乾燥は気になりましたが、皮脂をおさえる効果はとても高かったです。

ここぞというとき、Tゾーンにだけなど、使い方を工夫するのもいいと思います。

皮脂やテカリでお悩みの方にはもちろんおすすめのアイテムでした。