シェアする

【写真つき】セザンヌ ブルーの下地を使った感想!

セザンヌのUVウルトラフィットベースN ライトブルーをメイクに使ってみました。

使用感や肌色補正の効果はどうなのか、見比べて確かめてみてください。

スポンサーリンク

ほのかの場合はこうなる!

使用前(ほのか)

スキンケア後のすっぴんです。

どちらかというと肌は白めですが、色ムラが強くトラブルの多い乾燥・敏感肌。

使用後(ほのか)

セザンヌ UVウルトラフィットベースN ライトブルーのみをぬっています。

白みがかったライトブルーのカラーが肌になじむか、ちょっと心配しながら顔全体にぬってみましたが、浮くこともなく肌色に溶け込みました。

とても柔らかく伸びもいいので、つけ心地が軽く肌に負担を感じません

もともと肌がキレイじゃないのでわかりにくいですが、カラーコントロール効果のおかげでくすみが消え、赤みもおさえられていて肌が白く明るくなります。

厚塗り感はまったくなく、しっかり保湿されてみずみずしい透明感が出るため、本当にナチュラル。

うるおいはあってもメイクの邪魔はせず、パウダーもファンデーションもぴたっと密着して粉っぽくなりません

多少のテカリは出てもべたつかないので、うすくパウダーをはたけば化粧直しがすみます。

出し口が細くて量の調整がしやすく、部分使いから全体まで対応しやすいのもいいポイント

色が暗めで合わないBBクリームなんかとまぜても使いやすいのかな、と思います。

使っていて肌荒れが起きることもない、優しい下地でした。

なぎさの場合はこうなる!

使用前(なぎさ)

スキンケア後のすっぴんです。

やや毛穴は目立ちますが、肌荒れの少ない健康肌。

使用後(なぎさ)

セザンヌ UVウルトラフィットベースN ライトブルーのみをぬっています。

淡いブルーが可愛らしい、しっとり柔らかなテクスチャーです。

今までピンクやグリーンのコントロールカラーは使ったことがありますが、ブルー系は初めてなので、これを使うとどうなるのか期待と不安まじりでした。

慎重に指先でほおへ伸ばしましたが、するりんとすべり、思っていた以上に伸びがいい!というのが最初の印象。

これなら手のひら全体でザっと広げいっても、薄づきでムラになりません。

カバー力よりもカラー効果が大きく、肌色を均一にしてくれて、自然な透明感が出せます

カバーしたい部分はほかのアイテムでも隠せるし、下地の時点で肌色が整っていると重ねるコンシーラーやBBクリームのカラーもキレイにのるので、私はこの薄づき感が好きです。

それに、長時間使っていても乾燥はまったくしません

うっかり寝坊して急いでいる朝、スキンケアなしでぬったりすることもありましたが、それでもカサカサしないし化粧崩れも防げました

透明感のある憧れの肌を、乾燥もせず、肌の負担も少なく、こんなに簡単に手に入れられるなんて素晴らしいですね。

とくに悪いところも見当たらないし、使用感や仕上がりも気に入って、最近のメイクには必ずといっていいほど、この下地を組み合わせています。

最後に

色白のほのかより、少し日焼け気味だったなぎさの肌のほうが、より効果を感じられたブルー。

黄みよりの肌の方、乾燥を防ぎたい方、みずみずしい透明感を求めるなら、おすすめのアイテムだと思います。

わざとらしくなく、メイクの邪魔をしないので、カラー系下地が初めての方にも使いやすそうです。