シェアする

コントロールカラーの選び方&使い方ガイドで肌悩みナシ!

CCクリームの記事でもちょっと触れていたコントロールカラーですが、今回はカラーバリエーションや色ごとの役割について、簡単にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コントロールカラーってなに?

肌の悩みに合わせた色を使い分け、肌色を均一にするためのものなんです。

例えば、コントロールカラーの中でもっともポピュラーといえるグリーン。

メーカーに差はあれど、目で見てわかるほどの緑色をしているものがほとんどです。

肌色とはかけ離れているこのグリーンは、ニキビあとや鼻のあたりに出やすい赤の補色

そのため、赤みを打ち消して目立たないようにカバーしてくれます。

こういった効果で、ただの下地とは違う役割をもっているのがコントロールカラーです。

どんな色があるの?効果は?

グリーン

ニキビやニキビあとの赤み、小鼻の赤み、赤ら顔が気になる方におすすめのカラーです。

赤みが気になる部分になじませることでを、色ムラをカバーしてくれます。

とても効果が高いので、普段使いするときは顔全体ではなく、ポイントに使いましょう。

色黒さが補正され透明感が出せるので、肌が暗めの方にも合うみたいですよ。

顔全体にぬりすぎたり、顔色が悪い方が使うと不健康に見えるので×

イエロー

うすいシミ、そばかす、クマなどが気になる方におすすめです。

肌の色を均一に整えて明るくキレイに見せ、ヘルシーでナチュラルな雰囲気に仕上がります。

もっとも肌になじみやすく、特に肌悩みのない方や、何色が自分の肌に合うのかわからない方にも使いやすいカラーです。

オレンジ同様、日焼け肌や色黒肌にも向いています。

ピンク

顔色がよくない方、青白い肌の方におすすめのカラーです。

不健康に見られがちな顔色に血色感をプラスしてくれるので、健康的に見せられます。

可愛らしさや柔肌の印象をもたせたいときにもピンクはぴったりです。

ちょっとキツい人に見られやすい方が使うと、優しい雰囲気になれるそうですよ。

ただ、暖色系のピンクは膨張して見えやすいので気を付けてください。

ぬるときは顔の中央から外側に向かってぼかし、輪郭までしっかりぬらないようにしてくださいね。

ニキビあとや顔の赤みがある方は強調されることもあるので注意が必要です。

オレンジ

くすみがち、疲れた肌の方におすすめのカラーです。

肌を健康的にフレッシュに見せてくれる効果があります。

オレンジはなかなか万能で、茶系のくすみのほかに、目の下の青いクマ、口元の青ぐすみ、うぶげを処理したあとの青みまでカバーしてくれるんです。

買ったファンデの色が白くて合わなかったとき、自分の肌より暗めのファンデを使いたいとき、色黒肌、日焼け肌にも向いています。

イエローやピンクが明るくてダメだったという方は、オレンジが合うかもしれません。

顔に赤みがある方は強調されやすく、ぬりすぎると黄みよりのくすみ肌に見えることもあるので気を付けてください。

ブルー

くすみ、黄みをおさえてくれるので、顔色が黄色っぽい方におすすめのカラーです。

部分使いをするよりも、顔全体に使うことで透明感が引き出せます。

赤みをおさえる効果もあるので、全体的な顔の赤みに使う場合はグリーンよりブルーが向いています。

涼しげに見せたいとき、青みのあるピンクのチークやリップが好きな方にもぴったりですよ。

血色の悪い方、クマがある方はかえって強調されるので注意してください。

ラベンダー・パープル

ブルーとピンクの効果を合わせもっていて、透明感と血色感のある肌に仕上がります。

黄みもおさえられ、色白肌になりたいときには特におすすめのカラー。

ほんのりとした華やさがプラスされ、上品さも増します。

ブルーは青白すぎる、ピンクじゃぼやっとしてしまう、という方にも合うんだそうです。

色白な方が透明感を出したいときは、ブルーよりもパープル系が向いています。

白く見せる効果が高く、目の下や鼻筋にハイライトとして使用することも。

日焼けなどで肌が暗めの場合、顔だけ白浮きしやすいので注意が必要です。

いつ使うの?

スキンケアのあと、必要な場合は日焼け止めを、使わない場合は化粧下地をぬります。

この下地をコントロールカラーの役割をもったCCクリームにするなら、タイミングはここですね。

下地とコントロールカラーの効果で肌を整え、ファンデーションを重ねていきます。

下地とコントロールカラーを別に使う場合は、下地のあとにコントロールカラーを使います。

ぬり方は?

どちらのタイミングで使うときも、色が浮かないようにうすく伸ばしながらなじませていってください。

隠したくて最初から厚塗りしてしまうと、余計に目立ったりヨレて汚くなる原因になります。

様子を見ながら、厚塗りにならないよう気になる部分へ重ねていきましょう。

ぬるときは円をかくようにくるくるなじませていくと、しっかり密着してキレイにカバーできると思います。

専用のブラシを使ったり、スポンジで丁寧に叩きこんでいくのもおすすめです。

商品によってはムラになりやすかったり、なじみにくいものもありますが、ぬり方をかえると効果を発揮することもあるので、合うやり方を見つけてくださいね。

最後に

こんな風にシミやそばかす、くすみ、赤みなどの肌悩みを抱えているとき、それぞれに合ったカラーを使えば、キレイで色ムラのない肌に近づけます。

あまり目立たず、使わない方は使わないアイテムですが、大切な縁の下の力持ちなんですよ。

普通の下地じゃカバーしきれない悩みは、コントロールカラーが解決してくれるかも!

困っている方はぜひ試してみてください。

おすすめです

スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする