シェアする

これで解決!CCクリームの正体とは?

BBクリームと並んで有名なCCクリームですが、その役割を知らずに何となくで使っていたり、そもそもどういうものなのかイマイチわからないという方もたくさんいます。

そんなCCクリームの、知らなくてはもったいない長所をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

CCクリームの働き

  • 各メーカーが独自に開発したもので、CCはカラーコントロール、カラーコレクション、コンビネーションクリームなどの略であり、名称はメーカーによって様々
  • 美容効果、肌色補正、UVケア、下地などが一体化したもの
  • 保湿力が高く、乾燥やシワを防いでくれる
  • つけ心地は軽く、肌色をトーンアップしてナチュラルに仕上げる
  • 光を反射させて肌をキレイに見せ、毛穴を目立ちにくくする
  • 色ムラを整えるため、ピンクやグリーンなど色が加えられている

一見するとBBクリームと同じようなものだと思われやすいCCクリームですが、実際にはずいぶんと違った働きをします。

CCクリームのメリット

例えば、一番の特徴である肌色の補正。

その言葉どおり、足りないところを補い直してくれるので、色ムラを目立たなくしてくれます。

色ムラとは、色素沈着、シミ・ソバカス、赤み、黒ずみ、くすみなどの部分をいいますが、それらがあることによって素肌はキレイに見えません。

そんな悩みのタネを周囲の肌色となじませ目立たなくしながら、肌をぱっと明るく整えてナチュラルな仕上がりを演出するのがCCクリームです。

また、美容成分が多く含まれていることで肌に優しい使い心地を得られ、乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすくなっています。

BBクリームとCCクリームの違い

肌に近い色を重ねて隠すBBクリーム、いろんな色を使ってムラをなくすCCクリーム。

BBクリームは多機能ファンデーションといった感じですが、CCクリームは美容成分がプラスされた多機能下地、といえばその差がわかりやすいでしょうか。

なかにはファンデーションの役割をもったCCクリームもありますが、BBクリームに比べると薄付きで自然な仕上がりです。

CCクリームはどう選ぶ?

自分の肌色に合わせて

メーカーによって何をメインにしているのかが違うので、自分がどんなものを求めているかで選ぶ商品はかわってきますが、まずは自分の肌色に合ったものを選ぶのが第一です。

悩みに合わせて

CCクリームの中には、中身が一般的なベージュではなく、オレンジ、ピンク、イエロー、グリーン、ブルーなど色味が混ざっているものもあります。

赤みが気になる肌にはグリーン、血色の悪い肌にはピンク、自然に健康的な肌に見せるにはイエロー、といったように悩みに合わせて使い分けることで、より効果的にキレイになれるため、このようにいろんな色味が用意されています。

自分の肌の色に近いものをチョイスするのはもちろん、特に気になる部分がある場合はこの『色味』を意識してみてください。

求めるものは?

使いたい色が決まったら、保湿力はどうなのか、UV効果はどうなのか、下地として使うのか、ファンデーションとしても使うのか、など用途を考え自由に選びましょう。

ファンデーションとして使う場合、その軽いつけ心地ゆえに落ちやすいところがあるので仕上げにパウダーをはたいてあげると持ちがよくなります。

困ったときは?

どんな色味を使おうかとカラーで迷ったときは、どの肌にも合うと言われているイエローから試してみるのをおすすめします。

また、思っていたよりも明るい色で肌が白く浮いてしまった、というときはハイライトとして使用してみるといいかもしれません。

最後に

ここに書かれていることがすべてではありませんが、BBクリームみたいなもの?と勘違いされやすいCCクリームが、本当はどういったものなのか、何となくでもわかっていただけたのではないでしょうか。

ナチュラルメイク派の方をはじめ、濃いメイクができない方や透明感を求めている方、メイクを覚えたばかりで薄付きのものから試したい方など、無理なく自然に『キレイ』を手に入れられるアイテムだと思います。

こちらでもおすすめのCCクリームをご紹介していくので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
shestarレンタグル大
shestarレンタグル大

シェアする

フォローする